TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】「大手チェーンにはマイナス」‐22年度調剤報酬改定で

2022年02月17日 (木)

 日本保険薬局協会(NPhA)の首藤正一会長は10日の定例会見で、2022年度調剤報酬改定の影響について、「大手の調剤チェーンとドラッグストアにとっては大きなマイナスになる」と指摘した。一方、大手の調剤チェーンとドラッグストア以外の薬局に関しては、「やりようによってはプラスに持っていける。努力のしがいがある改定になっている」とし、「納得はできないが、ある程度満足している」と述べた。

 今回の診療報酬改定では、調剤報酬でプラス0.08%の改定率となったが、「財政状況が厳しい環境下で外枠などのイレギュラーな措置を講ずることもなく、プラス改定とされ、また、調剤を取り巻く様々な課題に応えているものといって良い」との考えを示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報