TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

震災後の防災意識生きる‐東北地震、流通に支障なし

2022年03月23日 (水)

 16日深夜に福島県沖を震源とし、福島県と宮城県で最大震度6強を観測した東北地方の地震による医薬品流通への影響について、大手医薬品卸各社によると18日現在、大きな支障は出ていない。津波被害がなかったほか、2011年の東日本大震災後の防災対策、現場の防災意識が功を奏した。物流センターへの自家発電装置の設置・強化、棚の転倒防止策、現場幹部らが未明に自発的にいち早く物流センターに駆け付け、復旧に取り組むといったことなどが被害を抑えた面もある。

医薬品供給体制を維持

 大手医薬品卸関係者は、「東日本大震災以降、卸各社において医薬品供給への現場の意識は非常に高くなった。今回、本社の指示がなくとも、明日の供給を止めてはいけないと、夜中に現場に駆け付け、落下している製品を片付けたりするなど、翌朝までに復旧に努めた人たちがいたことは事実。これは各社同様かと思う」と話した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報