TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 古くて新しい環境中微粒子の健康影響‐産業曝露からマイクロプラスチックまで

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 石原康宏(広島大院統合生命)
 河野まおり(阪大院薬)

 火山や土壌などの自然由来、あるいは産業や交通から排出されるものなど、私たちは環境中の微粒子に囲まれて生活している。微粒子の中でも、粒径2.5μm以下の粒子状物質はPM2.5と総称され、主として呼吸器へのリスクを鑑みてわが国では「1年平均値が15μg/m3以下、1日平均値が35μg/m3以下」との環境基準が定められた。しかし、PM2.5の呼吸器以外への作用については研究が進んでおらず、また環境中にはまだ実態がつかめていない微粒子が存在する。

 本シンポジウムでは、まだ研究の手が伸びていない環境中微粒子研究を白日のもとに曝す。すなわち、PM2.5の脳や眼、皮膚への作用、また主に溶接現場で生じるヒュームの健康影響、さらに大気中を浮遊するマイクロプラスチックの動態と生体影響について、最新の研究成果を分かりやすく説明する。

 環境中微粒子研究はまだまだ発展途上であるが、新たに取り組むべき課題を炙り出せるようなシンポジウムとし、環境行政や製品開発にどのように応用できるか議論したい。

 (石原康宏



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報