TOP > 企画 ∨ 

【かかりつけ薬剤師・薬局】アイテックソフトウェア(Pharm-i)

2022年03月25日 (金)

ITサービスをトータル支援

 アイテックソフトウェアが開発、販売している保険薬局システム「Pharm-i(ファームアイ)」は、処方箋受付から窓口会計、保険請求までをトータルサポートしたシステム。発売以来、画面表示や操作性を継承しながら、時代に合わせて多彩なオプション機能を追加し、薬局業務を支援している。

図

 オプション機能では、QRコード付き処方箋をスキャナーで読み込み、新規患者等の登録や処方入力の時間短縮ができる「二次元処方箋読み込み」機能や医薬品の適正在庫管理を行う「在庫管理」機能等を提供。他にもオンライン資格確認や他社クラウドシステムとの連携も可能。

 さらに、電子薬歴システム「薬歴Plus」と連携することで、過去の薬歴を見ながらレセコンで処方入力ができ、重複投与チェック等の各種データベースを揃えた処方監査、添付文書参照などの機能を搭載している。「副作用モニタリング」機能では、副作用を薬理作用・薬物毒性・薬物過敏症の三つの作用機序に分類することで副作用の予測を立て、患者の様子や症状をヒアリングすることができる。

 また、在宅医療で必要不可欠な医療機関やケアマネージャー向けの計画書・報告書作成といった在宅支援機能も標準機能として搭載している。

 同社では、「もっと簡単に!もっと分かりやすく!」をコンセプトにシステム改善しており、顧客の要望やニーズを順次システムに組み込み「顧客志向型システム」を追求している。

 他にも様々なサービスを展開し、ITサービスのトータル支援窓口を担っている。

 今年1月に電子帳簿保存法(電帳法)が改正され、所得税・法人税など国税に関係する書類や電子取引に関するデータ(注文書や契約書、領収書など)を電子的に保存することが義務化された。経過処置が2年あるが、早めの準備が必要になる。同社では、親会社のアイテック阪急阪神が提供している電帳法改正に対応するサービス「SATSAVE(サットセーブ)」の販売を開始した。

 サットセーブは、電子帳簿保存法への対応と経理業務効率向上の両方を実現するクラウド電子帳簿保存サービス。簡易EDIと呼ばれるサービス内で電子データを授受できる機能が用意されており、送信前や受領後に保存する手間が省けるだけでなく、誤送信を回避できるなど、安心して利用できる機能が備わっている。

 クラウドサービスのため、どこからでもアクセスすることができ、ワークスタイル変革やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進にも活用できるサービスとなっている。製品ページ(https://satsave.jp/)から申し込めばすぐに利用でき、データ保存容量が500MB(200KB/帳票の想定で2500件)までは無料。キャンペーンなども予定されている。

 2023年10月に開始が予定されているインボイス制度にも対応予定であり、幅広く活用できることが期待される。

アイテックソフトウェア(Pharm-i)
https://www.isw-pharm.jp/



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報