TOP > 無季言 ∨ 

成年年齢、18歳に引き下げ

2022年04月06日 (水)

◆4月は新たなスタートの時期、そして制度替わりの季節。今年の特徴的な動きとして、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられたことがある。成年の定義が見直されるのは、約140年ぶりという
◆国民生活センターでは新たに成年になる18~19歳に向けて、特に気をつけてほしい消費者トラブルの注意喚起を行った。全国から寄せられる相談では20代の相談件数は未成年者と比べて多く、契約金額も高額になってくるという
◆具体的なトラブル事例としては、副業やマルチ商法などの儲け話に関するものや、エステや美容医療などの美容関連、健康食品や化粧品などの定期購入、さらに出会い系やマッチングアプリ・SNS関連や、スマホ・ネット回線などの通信契約も目立つ
◆成年になれば親の同意なしに、自分の意思で様々な契約ができるようになる。一方、自分の健康を自分で守るセルフメディケーションに関する行動は従来と変わらないが、健康や医療に関する疑問点があれば積極的に薬剤師など専門家に聞いて判断することを勧めたい。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報