HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【JCLバイオアッセイ】ヘラクレスに上場

2009年3月18日 (水)

yakuji_photo
大阪証券取引所であいさつする籾山社長

 分析CROのJCLバイオアッセイ(本社豊中市、社長籾山邦男氏)は17日、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場した。臨床試験のバイオアナリシス(生体試料中薬物濃度測定)を製薬会社から受託する事業は国内トップシェア。今回の上場で得た資金をもとに米国に本格的に進出する。1株630円の初値がついた。

 同社は、最高0・1pg/mLという超高感度で薬物濃度を測定できる技術を構築するなど、高感度、高品質の分析を行えるCROとして業界の信頼を獲得。80億円強と推定される国内バイオアナリシス市場の25%前後のシェアを確保し続けてきた。

 国内だけでは成長の機会が限られるとし、約6年前から米国進出を模索。2008年11月には米国イリノイ州のシカゴ近郊の土地を購入した。今後、上場で得た資金をもとに、現地でバイオアナリシスを受託するための分析施設(ラボ)を建設する計画だ。

 西脇市にある同社のラボと同規模を想定する米国ラボは、10年2月に完成する予定。その後、約半年かけて分析装置のセットアップを行い、併せて研究員の募集を行う。10年末には研究所を稼働し、11年4月頃から本稼働させる青写真を描いている。

 米国のバイオアナリシス市場は7000800億円規模と推定される。まずは、日系製薬会社が米国で実施する臨床試験について、バイオアナリシスを受託して実績を作り、その上で受託先を拡大したい考えだ。

 「上場の準備を開始してから、4年がかりでようやく上場することができた。まずは一段落したなと思う」と籾山社長。「米国の施設が立ち上がった暁には、事業として大きな飛躍ができると考えている」と話す。

 同社は、日本医学臨床検査研究所(本社京都府久世郡久御山町)の社内ベンチャーであったバイオアッセイ事業部が、会社分割によって05年4月に独立して発足。08年3月期の売上高は23億円2650万円。従業員は144人(09年1月現在)。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録