TOP > 無季言 ∨ 

受診勧奨にもITの波

2022年04月20日 (水)

◆受診勧奨は薬局薬剤師の重要な役割の一つだ。地域住民と言葉を交わしたり、気軽に相談に応じたりして疾患の初期症状を把握。必要に応じ医師へと橋渡しすることで、病態の悪化を未然に防止できる
◆住民との信頼関係があるからこそ成し得ることであって、実践は容易ではない。だが、地域に根ざした活動を展開している薬局では実際に月数件の受診勧奨を行っていると聞く。調剤だけではない薬局薬剤師の存在意義を示す業務としても重要だ
◆そんな受診勧奨にも今後、IT進展の波が押し寄せてきそうだ。個人の生活情報や医療情報など膨大なビッグデータを記録する基盤の整備が進んでいる。雑多なデータを解析できる人工知能(AI)も発展しつつある
◆将来はスマートフォンのアプリが健康管理を担い、AIのビッグデータ解析によって疾患の初期症状を見つけ、受診勧奨する時代になるかもしれない。その時に薬剤師はどうするのか。今後の社会構造の変化を見据え、そこにどう溶け込んでいくのかといった議論を聞きたい。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報