HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大鵬薬品】スペイン「ファーママー」から抗癌剤導入

2009年04月01日 (水)

 大鵬薬品とスペインの製薬企業「ファーママー」は3月31日、抗癌剤「ヨンデリス」(一般名:トラベクテジン)の日本での開発・販売に関するライセンス契約を締結したと発表した。契約一時金は10億円。

 ヨンデリスは、ホヤ類から発見された海洋産物起源の新規抗癌剤で、DNAに結合し、細胞分裂、遺伝子転写、DNA修復機構を阻害する。

 今回の契約により、大鵬薬品は、ファーママーに契約一時金10億円と共に、達成報奨金、日本での売上に応じたロイヤリティを支払う。また、ヨンデリスの日本での開発・販売費用は、大鵬薬品が全額負担する。

 今後、大鵬薬品は、軟部組織肉腫と卵巣癌を適応症として、ヨンデリスの開発を進めていく。開発スケジュールは未定だが、準備が整い次第、第I相試験を開始するとしている。

 既にヨンデリスは、進行・転移性軟部組織肉腫の治療薬として世界20カ国で販売されている。昨年には、再発卵巣癌を適応として、ペグ化リポソームドキソルビシンとの併用で欧州EMEA、米国FDAに承認申請を行っている。さらに海外では、乳癌、ホルモン耐性前立腺癌、肺癌を対象にした第II相試験も進められている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報