TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚科審合同会議】コロナワクチン添文改訂‐GBS疑い例を注意喚起

2022年06月15日 (水)

厚科審合同会議

 厚生労働省は10日、米ファイザーの「コミナティ筋注」などmRNAを含有する新型コロナウイルスワクチン3品目の添付文書改訂案を厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議に示し、了承された。2品目で接種後にギランバレー症候群(GBS)疑い事例が確認されたため、「重要な基本的注意」の項目で注意喚起する。

 改訂対象はファイザーのコミナティ筋注、「同5~11歳用」、武田薬品の「スパイクバックス筋注」の計3品目。重要な基本的注意の項に、接種後にGBSの疑い事例報告があること、疑われる症状が見られた場合は直ちに医師に相談するよう予め説明することを注意喚起として追記する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報