TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」‐MID-NETに指摘相次ぐ

2022年06月27日 (月)

 厚生労働省の医薬品等行政評価・監視委員会が22日に開かれ、MID-NET(医療情報データベース)を製造販売後調査や観察研究などに活用する上で「データの質・量が極めて不十分」との指摘が相次いだ。登録患者数や情報の質がニーズを捉えていないとして、レセプト情報等で構成するナショナルデータベース(NDB)との連結などを求める声が上がった。

 この日の委員会では、医薬品医療機器総合機構(PMDA)がMID-NETを用いた医薬品の安全性評価の事例などを公表し、新型コロナウイルス感染症治療薬の処方実態とリスク・ベネフィットに関する調査などを列挙。また、規模拡大に向け、協力医療機関として徳洲会グループから10病院を追加し、既存の10拠点23病院と合わせ計700万人超分を2024年度から利用できるよう検討する考えを示したほか、国立病院機構のデータベースとの連携にも言及した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報