TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ケミファ】山口社長「検査薬拡大で収益強化図る」‐「ドロップスクリーン」軸に

2022年07月07日 (木)

山口氏

 日本ケミファの山口一城社長は1日、都内で開いた記者懇談会で、今後の事業展開について「ジェネリック医薬品事業を堅調に進め、(アレルギー検査薬の)『ドロップスクリーン』と新薬で収益に貢献していきたい」との考えを示した。当面は、医薬品売上の9割を占めるジェネリック医薬品と、血液1滴で41項目を検査できる「ドロップスクリーン」を軸とした臨床検査薬の販売拡大によって収益基盤の強化を図る。

 ジェネリック医薬品については、業界全体で問われている品質保証レベルの向上を図りながら、増産体制を整備する。4月には「グループ品質保証統括部」を新設し、MR・工場従業員に製品の認識について教育を行った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報