感染症”を含む記事一覧

2006年04月25日 (火)

 厚生労働省の「新型インフルエンザ専門家会議」が24日に初会合を開いた。会議は「新型インフルエンザ対策行動計画」に基づく具体的な対策について、専門的・技術的事項を調査・審議する目的で設置されたもの。[1]サーベイランス[

続きを読む »


2006年04月20日 (木)

 厚生労働省は28日付で、新医薬品7成分11品目を薬価基準に追補収載する。内訳は内用薬が3成分5品目、注射薬が2成分3品目、外用薬が2成分3品目。このうち「ゴナールエフ皮下注用」と「マグセント注」は他に類似薬がないため、

続きを読む »


2006年04月17日 (月)

 厚生科学審議会感染症分科会が14日に省内で開催され、インフルエンザH5N1(高病原性鳥インフルエンザA)を、感染症法による「指定感染症」に指定することを議論。現在までの発生状況等を踏まえ、指定感染症とする基本方針を

続きを読む »


2006年04月12日 (水)

 米国食品医薬品局(FDA)は10日付で、ソフトコンタクトレンズの使用者などに重篤な眼の真菌感染症の報告件数が増加していることを公表すると共に、関係者に注意喚起を促した。  FDAによると、300人の真菌感染者

続きを読む »


2006年04月12日 (水)

 キリンビールは、肺炎球菌に対する抗体医薬品の開発に取り組むことになった。肺炎球菌抗原を導入し、独自のヒト抗体産生マウス技術を用いて完全ヒト抗体を作製し、2010年ごろの臨床試験入りを目指している。  肺炎球菌

続きを読む »


2006年04月10日 (月)

 機構改革=[1]F&H生産本部に「F&H設備環境部」を新設[2]F&H品質保証センターを「F&H品質保証部」に改称[3]薬品研開本部の創薬研究部門と医薬開発部門を廃止[4]「医薬プロジェクト推進部」を新設[5]「開発薬

続きを読む »


2006年04月10日 (月)

 健康局結核感染症課感染症対策企画調整官(島根県健康福祉部長)正林督章、健康局生活衛生課長補佐・総務課生活衛生対策企画官・がん対策推進室長併任(生活衛生課長補佐)武田康久、医薬食品局食品安全部企画情報課国際食品室長(同課

続きを読む »


2006年04月07日 (金)

 富士経済は、循環器官用剤、感染症治療剤、精神疾患治療剤、脳疾患治療剤、消化器官用剤の医療用薬5薬効領域の2006年の市場動向調査結果をまとめた。それによると、高齢化、生活習慣病の増加、ストレス社会を反映して循環器、

続きを読む »


2006年04月05日 (水)

 辞職・医薬品医療機器総合機構理事就任予定(大臣官房付・医薬品医療機器総合機構安全管理監)岸田修一、辞職(関東信越厚生局麻薬取締部長)稲荷恭三 大臣官房付(医薬品医療機器総合機構総務部長)大重孝、辞職・医薬品医療機器総合

続きを読む »


2006年04月03日 (月)

 厚生労働省・小児薬物療法検討会議は3月30日の初会合で、同会議で検討対象とする医薬品類型や、対象医薬品の優先度決定基準を決定すると共に、関係学会から要望のあった医薬品の中から、8成分について検討を開始するこ

続きを読む »


2006年03月24日 (金)

 ワクチン産業ビジョン策定に向けて、柱となる四つの基本的考え方が厚生労働省の検討会に示された。ワクチンを新興・再興感染症等の危機管理対策の柱の一つに位置づけ、国の施策の明確化、国内ワクチン製造企業の臨床開発力を強化すると

続きを読む »


2006年02月15日 (水)

 英グラクソ・スミスクライン発足から研究開発担当チェアマンを務めてきた山田忠孝氏が、6月1日付で退任することになった。同氏は、国際的な感染症防止プログラムにかかわる「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」のエグゼクティブディレ

続きを読む »


2006年02月06日 (月)

 武田薬品は、乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン「タケダ」を新発売した。ワクチンは、既に販売している乾燥弱毒生麻しんワクチン「タケダ」と乾燥弱毒生風しんワクチン「タケダ」を混合したもの。 麻疹および風疹はともに、主として

続きを読む »


‐AD‐

※ 1ページ目が最新の一覧

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報