JCRファーマ”を含む記事一覧

2018年02月26日 (月)

【エーザイ】セント・プラス社と共同開発した認知症に備える保険「認知症のささえ」の販売開始
【大正製薬ホールディングス】経口用セフェム系抗生物質製剤 「トミロン(R)細粒小児用20%」新発売のお知らせ
【大日本住友製薬】大日本住友製薬とJCRファーマの中枢神経系疾患治療薬創製に関する血液脳関門通過技術のライセンス契約締結のお知らせ

続きを読む »


2018年01月26日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
診療報酬の個別項目を検討:P2 製薬企業のAMR対策を比較:P3 米セルジーンがベンチャーを相次いで買収:P7 企画〈痔疾ケア〉:P4~5

続きを読む »


2018年01月05日 (金)

 昨年の漢字は「北」。製薬・医薬品卸業界でも、前年度に引き続き、2017年、18年を漢字・英単語1字で表現してもらった。16年は「改」(Change)。今回、各社トップが挙げた17年の漢字・英単語は、それぞれ異なるも

続きを読む »


2017年09月26日 (火)

JCRの開発品を米国展開  医薬品卸大手「メディパルホールディングス」と、国内バイオベンチャー「JCRファーマ」は21日、業務資本提携契約を結んだ。メディパルが英グラクソ・スミスクライン(GSK)が保有

続きを読む »


2017年09月25日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
組織再編へ複数案 化血研:P2 西シドニー大と連携協定 新潟薬大:P3 「クラリチンEX」からOD錠 大正製薬:P6 生物製剤の化合物、価格が高騰:P7

続きを読む »


2017年07月21日 (金)

きょうの紙面(本号16ページ)
後発品を使いこなす時代に:P2 パルモディアを世界展開 興和:P 今秋の新製品発表 エステー:P16 企画〈モロオ100周年〉:P4~11

続きを読む »


2017年02月27日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
薬局間の医薬品譲渡、GL策定へ:P2 製薬4社が医療薬の共同物流:P3 企画〈かかりつけ薬剤師・薬局をサポートする〉:P4~8

続きを読む »


2017年01月23日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
共創会議が初会合 文科省:P2 賀詞交歓会を開催 日薬:P3 春の新製品内覧会 小林製薬:P6 抗てんかん薬開発へ 武田薬品:P7

続きを読む »


2016年08月22日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
調剤報酬改定の影響 本紙調査[2]:P3 トレアキシンを最大化 シンバイオ製薬:P7 企画〈和漢医薬学会〉:P4~5

続きを読む »


2016年05月09日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
国際整合性ある運用を電子申請:P2 新中期計画を策定 神戸薬大:P3 抗癌剤の副作用管理強化 AZ日本法人:P8 企画〈ドリンク剤〉:P4~6

続きを読む »


2016年05月02日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
費用対評価の対象決まる:P2 日本ビーシージーに業務改善命令:P2 デジタル製剤承認見送り 大塚製薬:P7 「オレ薬」を開設 アポプラス:P8

続きを読む »


2016年03月01日 (火)

 JCRファーマと国内バイオベンチャーのペプチドリームは、中枢神経系(CNS)疾患を対象に、血液脳関門(BBB)の通過を可能とする特殊環状ペプチドの創出を目指す共同研究契約を締結した。ペプチドリームが研究開発中のペプ

続きを読む »


2016年02月29日 (月)

きょうの紙面(本号24ページ)
新薬等6件を了承 医薬品第1:P2 希少疾患企業が大きく成長:P23 AJDが春季商品フェア 大阪で開催:P24 企画〈スズケン〉:P4~21

続きを読む »


2016年02月22日 (月)

 JCRファーマは、世界初となる間葉系幹細胞(MSC)を用いた移植片対宿主病(GVHD)治療製品「テムセルHS注」(一般名:ヒト〈同種〉骨髄由来間葉系幹細胞)を24日に新発売する。国内で初めて他者細胞を用いた他家由来

続きを読む »


2016年02月22日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
理研など31法人が協議会:P2 癌免疫活性に新測定法 がん研究C:P3 健康拠点目指して新業態:P6 胎盤から細胞治療製品 プルリステム:P7

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報