2017年6月23日 (金) 11:32

 日本病院薬剤師会の土屋文人副会長は、薬局と病院が事前に作成・合意されたプロトコルに基づき、薬剤師の裁量の範囲で一部の形式的な疑義照会を不要にする取り組みが「疑義照会の省略、簡素化」などと表現され、広く用いられていることについて、「間違った使われ方をしている」と指摘した。こうした取り組みの根拠となる条文は、23条(処方箋による調剤)の第2項で規定されている「薬剤師は、処方箋の医薬品を、医師の同意を得た場合を除くほか、変更して調剤してはならない」の部分で、「医師への同意取得を事前に行うようにしたもの」と説明。「事前同意で医師への問い合わせを減らしたといった表現が正しいのでは」とした。17日に都内で開かれた日病薬の通常総会で説明した。

続きを読む »


‐AD‐
HEADLINE NEWS
書籍・電子メディア
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
Press Release Title List
Press Release Title List:新製品
行政情報リスト
登録販売者試験・日程一覧
薬事日報
訃報
寄稿
研修会 セミナー 催し物
薬剤師認定制度認証機構 認証機関の生涯研修会
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍 訂正・追加情報
出版目録