HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GHITファンドシンポジウム】グローバルヘルスへの貢献‐日系製薬トップが意見表明

2014年6月12日 (木)

国内製薬大手トップが活発に意見を交わした

国内製薬大手トップが活発に意見を交わした

 開発途上国向けに顧みられない熱帯病(NTD)の新薬開発を支援する日本初の官民パートナーシップとして、官民基金「グローバルヘルス技術振興基金」(GHITファンド)が発足して1年が経過した。国内大手製薬企業5社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金を拠出し、日本の研究成果を生かしたNTDの新薬開発が進行中だ。6日に都内で開催されたシンポジウムでは、国内製薬大手トップがパネルディスカッションで意見を交わした。

 武田薬品の長谷川閑史社長は、メディスン・フォー・マラリア・ベンチャー社(MMV)と開始した抗マラリア薬の共同開発について、「これまではグローバルファンドに資金提供することでしか貢献できなかったが、開発途上国に蔓延するマラリア治療薬を開発する機会をいただけたことを感謝している」と述べ、「二つの化合物が早期開発段階に進んでいる」と報告した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録