HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】臨床研究問題で外部専門家‐社内調査と概ね一致

2014年7月16日 (水)

 協和発酵キリンは11日、腎性貧血治療剤「ネスプ」に関する札幌東徳洲会病院による医師主導臨床研究をめぐり、社員がプロトコル作成や臨床検査結果の入手・データ解析に関与し、一部患者の個人情報を保管していた問題で、外部専門家による調査の結果と再発防止のための提言を公表した。事実関係は同社の社内調査と大きな齟齬はなかった。

 社内調査委員会は、公正競争規約との関係については、奨学寄附金や労務提供が正常な商慣習に照らして適当と認められる範囲を超えたものと判断し、「景品類の提供に当たる疑いが強い」とし、臨床研究の公平性を害するおそれがある段階に至っていると「認められる」との考え方を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録