HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第二部会】G‐CSF持続型製剤を了承‐本態性血小板血症治療薬も

2014年8月13日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は8日、化学療法による発熱性好中球減少症に対して用いる、顆粒球コロニー刺激因子(G‐CSF)製剤「ジーラスタ皮下注」など2件を審議し、承認を了承した。

 ▽ジーラスタ皮下注3・6mg(協和発酵キリン):新有効成分のペグフィルグラスチム(遺伝子組み換え)を含有し、癌化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制を効能・効果とする。

 癌化学療法の副作用である好中球減少は、致死的な感染症を予防するために入院が必要となる疾患で、同剤の投与対象となる患者数は約12万人と推計されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録