HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】DPP-4阻害薬、2番目の週1回投与薬‐11品目の新薬等を了承

2015年9月2日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は8月28日、週1回投与のDPP-4阻害薬としては2番目となるMSDの「マリゼブ錠12.5mg、同錠25mg」など10品目を審議し、了承した。今年2月20日の同部会で継続審議扱いとなったバイエル薬品の経口抗凝固剤「イグザレルト錠10mg、同錠15mg」の効能・効果に「深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症の治療と再発抑制」を追加することも了承された。

「イグザレルト」で効能追加

 ▽ムルプレタ錠3mg(塩野義製薬):新有効成分のルストロンボパグを含有し、「待機的な観血的手技を予定している慢性肝疾患患者における血小板減少症の改善」を効能・効果とする。

 慢性肝疾患では、末梢血中の血小板数の減少が生じることがあるが、肝疾患の診断や合併症の治療などで観血的な検査や手術などが実施されることが多く、出血リスクが高まるため、血小板数を増やす必要がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録