HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田テバファーマ】ニューキノロン系抗菌剤、製造工程の逸脱で回収

2017年1月13日 (金)

 武田テバファーマは、ニューキノロン系注射用抗菌剤「シプロフロキサシン点滴静注液200mg『タイヨー』・同300mg『タイヨー』」の1成分2品目の対象ロットについて、10日から自主回収(クラスII)を開始したと発表した。同剤の原薬製造業者で、製造販売承認書に記載されている製造方法の一部の工程が変更されていたことが判明したため、該当する原薬を使用して製造された製品については、製造販売承認書からの「逸脱」と判断した。3月までに回収を完了し、8月には承認書に合った製造方法での出荷を再開する予定。

 同剤は、2008年7月に販売を開始。外注先の海外の原薬製造業者が、昨年12月に予定していた医薬品医療機器総合機構(PMDA)によるGMP適合性調査の準備を国内管理人と行っていた際に逸脱が発覚した。同剤の発売当初は、承認書に記載されている製造方法で生産していたが、中間体の製造を別の製造業者に委託して以降、一部の工程に変更が生じたとしている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録