HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

HPVワクチン、接種勧奨の早期再開を‐産科婦人科学会が声明

2017年1月20日 (金)

 日本産科婦人科学会は、子宮頸癌予防ワクチンの接種勧奨について早期再開を求める声明を発表した。ワクチン接種歴のない12~18歳の女子でも10万人に20人の割合で疼痛などの多様な症状を示すことが判明した厚生労働科学研究班による全国疫学調査の結果を踏まえ、改めてHPVワクチンの接種勧奨の再開を強く求めた。

 声明では、HPVワクチンの有害事象について、「国内外で多くの解析が慎重に行われてきたものの、現在までに日本で問題となっているような慢性疼痛や運動障害等の多様な症状とワクチン接種の因果関係を証明する報告はない」とし、HPVワクチンの安全性に懸念を示すような科学的・疫学的根拠は示されていないことを強調した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録