HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【産総研など】モバイル遺伝子検査機開発‐持ち運びでき、迅速に測定

2017年2月14日 (火)

 産業技術総合研究所と日本板硝子、ゴーフォトンは共同で、持ち運びのできる「モバイル遺伝子検査機」(小型・軽量リアルタイムPCR装置)の開発に成功した。適切な前処理と高速試薬の組み合わせで、専門施設外で迅速に行えるため、食品衛生、感染症予防、環境汚染調査など幅広い分野での活用が期待できる。現在、試作機は研究機関、大学向けには試験的に供給し実地検証を開始しているが、発売は日本板硝子が年内を目標に開発を進めている。

 今回、産総研は、遺伝子検査方法の中で最も普及しているPCR法に着目し、薄く小さなプラスチック基板にマイクロ流路を作製し、そこに試料を注入して高温・低温の領域間で試料を高速に移動させることにより遺伝子を増幅させ、蛍光で検出する原理を開発した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録