HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】品質再評価対象として16成分を指定へ

2006年5月9日 (火)

 厚生労働省医薬食品局審査管理課は、品質再評価を受けるべき医薬品の範囲を指定する件について、パブリックコメントを募集している。今回から行政手続き法に基づき、意見を求めることになったもの。提出期限は6月4日。今回指定が予定されているのは、品質再評価の第31次分となる次の16成分・処方。

 【抗生物質製剤:主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの】ファロペネムナトリウム水和物
 【混合ビタミン剤】ベンフォチアミン”ピリドキシン塩酸塩”ヒドロキソコバラミン塩酸塩
 【総合感冒剤】クロルフェニラミンマレイン酸塩”サリチルアミド”アセトアミノフェン”無水カフェイン
 【抗ヒスタミン剤】クレマスチンフマル酸塩
 【解熱鎮痛消炎剤】アスピリン”アスコルビン酸、エルゴタミン酒石酸塩”無水カフェイン”イソプロピルアンチピリン
 【精神神経用剤】カルピプラミン塩酸塩水和物、ヒドロキシジンパモ酸塩、ペモリン
 【利胆剤】ニコチン酸1(4メチルフェニル)エチル”1ナフチル酢酸
 【混合ホルモン剤】ノルエチステロン”メストラノール
 【自律神経剤】ジサイクロミン塩酸塩
 【鎮けい剤】フロプロピオン
 【抗結核薬】リファンピシン
 【卵胞・黄体ホルモン剤】クロルマジノン酢酸エステル、ノルエチステロン




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録