HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ワタキューセイモアグループの調剤薬局チェーン2社が来年1月に合併

2006年08月25日 (金)

 病院・福祉施設向けリネンサプライ事業の大手ワタキューセイモア(本社京都府綴喜郡、社長安道光二氏)の子会社で調剤薬局事業を手がけるフロンティア(京都市)とリゲルコーポレーション(兵庫県尼崎市)の2社は、来年1月1日付で合併する。今後、統合に向けた調整を進めていく。存続会社はフロンティア。

 フロンティアは「ワタキュー薬局」の名称で全国で85店を、リゲルコーポレーションは大阪、兵庫を中心に「フレンド薬局」の名称で39店の調剤薬局をそれぞれ展開。両社併せた規模は年商約200億円、124店舗となる。

 リゲルコーポレーションは05年3月にワタキューセイモアの完全子会社となって以降、同じグループで調剤薬局事業を展開するフロンティアとの役員交換などを経て、経営統合に向けた調整を図っていた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報