TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】利益率改善プログラム開始‐コア営業利益率30%台に

2024年05月14日 (火)

 武田薬品は9日、2024年度から利益率改善プログラムを始めたと発表した。人員削減を含む販管費の削減、組織再編、研究開発の優先順位付け投資、デジタル化推進により、コア営業利益率を24年度見込み22.9%から25年度以降毎年度、利益改善を図り「30%台前半から半ば」への引き上げを目指す。プログラムを進める事業構造再編費用として1400億円を24年度に計上する。

 米国でのADHD治療薬「バイバンス」(日本名「ビバンセ」)などの特許切れでコア営業利益率が減少しており、24年度も影響が避けられない見通し。コア営業利益率は22年度29.5%、23年度24.7%と下がり、24年度は研究開発投資の影響を含めて22.9%と見込んでいる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術