TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】癌新薬候補の第I相開始‐蛋白質分解誘導剤では2剤目

2024年06月20日 (木)

 アステラス製薬は、治療薬の新たなモダリティとして同社が注力する「蛋白質分解誘導剤」について、癌の新薬候補「ASP4396」の第I相試験を開始した。「ASP3082」(静注製剤、第I相試験)に続くもの。

 今回臨床入りした候補もKRASのG12D変異を標的にした薬剤だが、3082とは異なる構造を持つものとなる。4月から第I相試験を開始した。

 蛋白質分解誘導剤は、標的蛋白質に分解を促す標識であるユビキチンを付加し、その蛋白質の分解を手助けするプロテアソームが分解する仕組みのユビキチン・プロテアソーム系を利用した薬剤。これまでの阻害剤では十分に効果が出なかった疾患において効果が期待される。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術