TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本通運】医薬品物流サービスを強化‐バイオ製剤取り扱い可能に

2024年06月21日 (金)
海上輸送に用いる「ひまわり8号」(苫小牧港)

海上輸送に用いる「ひまわり8号」(苫小牧港)

 日本通運は、今月に医薬品物流サービスの拡充を相次いで打ち出した。10日に、医薬品物流拠点の西日本医薬品センター(大阪市寝屋川市)が医薬品製造業許可「第1号区分」を取得し、バイオ製剤の取り扱いができるようになったと発表した。抗体医薬などバイオ製剤は需要拡大が見込まれ、他の3センターも需要に応じて取得する予定にしている。17日には東日本医薬品センターから北海道向けの医薬品海上輸送サービスを拡充したと発表した。トラック中心の輸送形態を切り替えるモーダルシフトで、物流の2024年問題の対応を図る。

北海道向け海上輸送拡充

 西日本センターが取得した第1号区分は、体外診断用医薬品を除く生物学的製剤、国家検定医薬品、遺伝子組み換え技術応用医薬品、細胞培養技術応用医薬品、細胞組織医薬品の製造工程を行える業許可区分の一つ。高度な品質管理の下で業務が実施されることになっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術