HOME > 無季言 ∨ 

「ビッグファーマ」

2006年02月08日 (水)

◆「ビッグファーマ」という本が話題である。製薬業界は技術革新に優れてはおらず、技術革新のために高い薬価が必要との主張は不当で、画期的でもない薬の売り込みに費やされている……。こうした内容に、反論文書を配る企業も出た
◆だが、ショックは大きい。著者が有名医学雑誌「ニューイングランドジャーナルオブメディシン」前編集長という面もある。刊行記念シンポジウムには定員の倍の200人以上、業界からも多数出席した
◆しかし厳しい議論を予想してか、話しかけても「何も話さないよ」と言葉少な。議論に参加した製薬協の山辺日出男専務理事は「一つのモノの見方」とやんわり批判。薬に厳しい京大の福島雅典教授らも加わったが、業界に矛先が向かないまま終わった
◆本でもシンポでも指摘されたのが、企業がスポンサーである臨床試験結果の歪み、増大する研究開発費に対して減少する新薬という開発の非効率性。これらの問題提起には、業界関係者も深刻顔だ
◆問題を生む制度・慣習を含めた本質を考え、対応することが業界の宿題と言える。初版5000部のこの書は増刷となった。反響はこれからかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報