個別検体データ検証システム発売 エイアンドティー

2006年9月20日 (水)

 臨床検査システムなどを扱うエイアンドティーは今月から、血液から分かる種々の検査結果を医師に伝えるまでの時間を1時間以内も可能にする個別検体データ検証システム「CLINIEEL Zone-2」の販売を始めた。同社の臨床検査情報システム「CLINILAN GL-2」のオプションとして用意した製品。病院の検査室向け。

 この新しいシステムは、病院に蓄積されている膨大な検査結果と、患者個人の検査結果を照合し、あり得る検査結果か否かを判断するというデータマイニングを応用した「出現実績ゾーン法」を組み込んでおり、それにより臨床検査技師による目視による一次データチェックを省くことができる。

 そのため、数時間から数日かかっている医師への検査結果の報告を、30040分まで短縮することを可能にしたという。チェック項目は最大で500。

 GL‐2のオプションシステムであるため、価格はGL‐2納入時の価格と絡むため交渉となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録