HOME > 無季言 ∨ 

インドの成長

2006年4月26日 (水)

◆巨大人口を抱えるインド市場が熱い視線を浴びている。10億人を抱えるインドは若年層が多く、経済成長に必要な労働力を安定的に確保できるのが強みだ。輝くインド(Shining India)政策を牽引したIT産業の活況は、まさに若年パワーが下支えしてきた
◆もう一つ、インドにおける医薬品産業の急成長も見逃せない。理系離れが進む日本と違い、理数系に強い人的資源を持ち、公用語として英語が使われている。しかも優秀なスタッフが安い賃金で確保できるなど、医薬品開発・製造のメリットは大きい
◆最近、新薬開発費が安く済む東欧、南米、アジアが注目されているが、インドは最もコストが低いという。ICH‐GCP準拠データで申請資料も英語で作成されるため、インド国内だけでなく、米国FDAにも申請できる。日本を敬遠する理由が、全てインド市場の魅力に集約されていると言えるかもしれない
◆まだ日本とインドの製薬業界が、お互いに交流する機会は少なく、国の理解も十分に浸透しているとは言えない。日本市場にとって今やインドは無視できない存在だけに、まず相互理解から始めたいところだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録