抗アレルギー点眼剤「パタノール」を発売 日本アルコン、協和発酵

2006年10月20日 (金)

 日本アルコンと協和発酵は、抗アレルギー点眼剤「パタノール」(一般名:塩酸オロパタジン)を新発売した。同剤は、選択的にヒスタミンH1受容体に作用することで、アレルギー性結膜炎による掻痒感や充血などの症状を改善する。

 「パタノール」は、アルコン・グループによって開発されたもので、現在84カ国で承認を得ている。米国では1997年に発売され、抗アレルギー点眼市場ではトップブランドの一つ。

 今後の営業展開としては、日本アルコンが眼科領域の情報提供・収集活動を、協和発酵が製品の流通業務と眼科領域以外の情報提供・収集活動を行うことにしている。薬価は204・30円で、日本アルコンは初年度に2億4000万円の売り上げを見込んでいる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録