HOME > 無季言 ∨ 

チーム医療

2006年10月25日 (水)

◆それぞれの医療職種が専門性を生かして、患者のケアに当たるチーム医療。日本医療機能評価機構の認定基準に、チーム医療の有無を重視する視点が加わった関係もあり、チーム医療への参加意識は高い。うっかり「チーム医療には参画していません」などと言ってしまえば、失格の烙印を押されかねない状況だ
◆「どうすればチーム医療に参画できるのか」をテーマとしたフォーラムに出席したときのこと。救命救急センターに勤務している臨床検査技師から、チームという形にこだわらない医療のあり方が紹介された
◆それぞれの医療スタッフが、目の前の患者を救いたいという共通した目標を持っていれば、連携の取れた医療は可能との考え方だ。その医療施設には、救命救急チームも存在しないという
◆ただ、チーム医療は、各医療職種の連携を密にした医療を行うためのシステムに過ぎないとの見方もある。これだけチーム医療が叫ばれると、今までの医療がいかに縦割りで行われてきたかを、逆に宣伝しているようにも思える。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録