HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【埼玉県】違法ドラッグ6品目をネット商品から発見

2006年11月21日 (火)

 埼玉県は、インターネット販売され、違法ドラッグと疑われる19品目の買い上げ調査を実施した結果、6品目から幻覚作用や興奮作用を持つ医薬品成分を検出。販売サイト開設者に対し、違法ドラッグとして販売禁止の指示を行った。

 医薬品成分が検出されたのは、▽ABESADA▽POWER FIST▽BEAST TAMER▽FUCK ME!▽Fancy Woman▽5meo-dpt――の6品目。これらには、5-Meo-DPTやメチロンが含まれていた。

 5-Meo-DPTはトリプタミン系化学物質で、麻薬に指定されている5-MeO-DIPTと化学構造が類似しており、幻覚作用を起こす恐れがある。メチロンは麻薬指定のMDMAと類似した幻覚作用、興奮作用、精神依存性を持つ物質で、現在麻薬指定が検討されている。なお、解熱鎮痛剤として医療使用されるスルピリン製剤のメチロンとは全くの別物である。

 埼玉県は、販売業者が特定できないため、ホームページの開設者あてに警告メールを出し、販売禁止を指示した。現在までのところ、健康被害発生の報告はないが、ホームページに該当製品を掲載するなどして、県民に注意喚起を図っている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録