HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

売上高倍増目指し生産能力増強‐サノフィ・アベンティス

2006年11月24日 (金)

 サノフィ・アベンティスは、既存新薬の伸びなどに対応するため2010年までに錠剤の生産能力を1・6倍程度まで増強する計画を策定した。製剤生産設備の増設、包装工程の増築で対応する方向で、投資額は数十億円を見込んでいる。

 同社の生産拠点は川越工場の一カ所で、錠剤生産能力は現在25億錠。それを08年には35億錠程度、10年には40億錠程度まで引き上げたい考えだ。

 同社は、304年後には日本での売上高を倍増し、2500億円程度にすることを目標に取り組みを進めている。その核となる戦略品が世界的な大型品の抗血小板剤「プラビックス」(一般名:硫酸クロピドグレル)で、現在第一ファルマテックに生産を委託しているが、何らかの形で同社川越工場での生産を行う方向で準備を進めている。それら事情から生産能力の増強を図ることになった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録