ビダラビン配合のスイッチOTC薬、口唇ヘルペス再発治療薬「アラセナS」を発売 佐藤製薬

2009年11月2日 (月)

yakuji_photo

 佐藤製薬は、医療用の抗ヘルペスウイルス薬「ビダラビン」を含有した、口唇ヘルペス再発治療薬「アラセナS」(第1類医薬品)を16日に新発売する。新製品は、持田製薬の医療用医薬品で「帯状疱疹、単純疱疹」の適応を持つ抗ウイルス剤「アラセナ‐A軟膏3%」を、スイッチOTC医薬品として開発したもの。売上目標は発売から1年間で5億円(出荷ベース)

 スイッチOTC化の新スキームなどによって、スイッチOTCが促進されている。同社でも、従来のOTC医薬品にない薬効をターゲットに、積極的な開発に取り組み、現在まだ市場に1成分2製品しかなく、市場が拡大する可能性のある口唇ヘルペスに着目し,アラセナSを発売することになった。

 アラセナSは、医療用成分の「ビダラビン」を配合した初めてのOTC医薬品。ビダラビンは、口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増殖を抑え、症状を軽減するなど、発症から治癒するまでの期間を短縮する働きがある。医療用として数多く処方されており、薬剤師や消費者にも認知されている。また、ウイルス耐性が起こりにくいという特性があるため、OTCの再発治療薬として使用するのに最適だと判断した。 アラセナSは、医療用で使われているアラセナ‐A軟膏3%と同様、3%のビダラビンを配合。1日1~4回の使用で優れた効果を発揮する。再発治療薬として、「ピリピリ、チクチク」という前駆症状から、「赤み、水ぶくれ、痛み」などの発症期や回復期の症状まで、7日~2週間程度の口唇ヘルペスの各段階のどこからでも使用できるほか、特に早期の使用で治療までの期間を短くできる。

 同社では新製品の発売に合わせ、情報提供のためのツールや薬剤師向け勉強会の実施など、適正使用のためのツールを充実させていくことにしている。また、口唇ヘルペスは女性患者が多いこともあり、12月後半からは女性誌を中心に広告宣伝を展開する予定だ。

 口唇ヘルペスのOTC市場は、08年度で13億3000万円だが、同社は「全体的にまだ拡大が見込める市場だと思う。アロセナSを発売することによって、市場の伸長につながればと思っている」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録