HOME > 無季言 ∨ 

災害派遣医療チームの研修

2006年12月8日 (金)

◆東京の立川市にある国立病院機構災害医療センターでは、2004年度から厚生労働省の委託を受けて、災害に対し早期に機動性を持った救護活動ができるよう、災害派遣医療チーム(DMAT)の研修を行っている
◆その中に「瓦礫の下の医療」研修がある。ここでは、通常の救助活動では対応困難な、倒壊した建造物や列車などに閉じ込められた負傷者に対して、高度な検索・救助活動を行い、並行して医療を提供するための訓練をする
◆訓練を受けたからといって、すぐに列車事故などの際に閉鎖された空間で、医療を提供する機会はまずない。訓練では、そうした体験をすることで、どのような環境なのかを身をもって知ることの大切さと、他職種との連携がどれだけ重要かを学ぶのだ
◆研修を終えたチームは、事故が起これば直ちに現場に駆けつけることになる。最初にできることはそれほど多くはないだろう。進まぬ作業に「早く助けたい」「役に立ちたい」とはやる気持ちが抑えられない場面もあるだろう。しかし、それを我慢し、着実に作業を進める経験を積む中で、“我慢”の大切さを知り、危険な場所へ足を踏み入れる本当の意味での“怖さと勇気”が培われていくのだろう。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録