全自動便中ヒトヘモグロビン分析装置「HM‐JACKアーク」 協和メデックス

2010年02月10日 (水)

yakuji_photo

 協和メデックスは、全自動便中ヒトヘモグロビン分析装置「HM‐JACKアーク」(写真)を新発売した。

 HM‐JACKアークは、1997年から発売中の「HM‐JACK」を改良した全自動便中ヒトヘモグロビン分析装置。従来品に比べ、反応系に関する部品の精度を向上させたほか、機器稼働状況が確認できるインジケーターを新たに搭載し、精度と操作性の両面で改善を図った。

 現在、同社の便潜血検査分野の売上は、2億5000万円。HM‐JACKアークの発売によって、3年後に10億円の売上を目指している。 希望納入価格は、480万円。また、便潜血キット『エクステル「ヘモ・オート」HS』、採便器「ヘモオートMC採便器」も同時発売した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報