HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】重篤副作用マニュアル、14種類を追加‐総合機構HPで公表

2010年3月1日 (月)

重篤副作用総合対策検討会

重篤副作用総合対策検討会

 重篤副作用総合対策検討会は2月25日、患者と医療従事者が副作用の初期症状に早く気づき、対処できるようにする「重篤副作用疾患別対応マニュアル」に、頭痛や重度の下痢など14副作用を追加することを概ね了承した。検討会の意見を踏まえて文言を修正し、厚生労働省や医薬品医療機器総合機構のホームページなどで公開する予定。

 マニュアルは、副作用の早期発見・早期対応を図ると共に、臨床現場で遭遇した症状が、副作用かどうかを判別するためのもので、注意すべき初期症状や早期対応の方法、必要な検査、検査画像、発症機序、典型症例などを記載している。

 今回、新たに追加される副作用は、▽血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)▽へパリン起因性血小板減少症(HIT)▽ネフローゼ症候群▽急性好酸球性肺炎▽肺胞出血(肺出血、びまん性肺胞出血)▽重度の下痢▽手足症候群▽新生児薬物離脱症候群▽セロトニン症候群▽アカシジア▽運動失調▽頭痛▽難聴(アミノグリコシド系抗菌薬、白金製剤、サリチル酸剤、ループ利尿剤による)▽薬剤による接触皮膚炎――の14種類。

 委員からは、「頭痛」のマニュアルに、市販の鎮痛薬を服用し続けることなどが原因で起こる「薬物乱用頭痛」について、注意を促す一文を書き加えることを求める意見が出た。

 マニュアル作成は、厚労省の「重篤副作用総合対策事業」として2005年度から4年計画で行っており、10年度まで継続する。既に49副作用について公表しており、今回分を加えると63副作用となる。現在、九つの副作用マニュアル策定が行われている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録