HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ジェネリック製薬協会・澤井会長】新薬メーカー参入でジェネリック医薬品の見方にも変化

2010年3月9日 (火)

澤井会長

澤井会長

 日本ジェネリック製薬協会(JGA)の澤井弘行会長は7日、福岡市内で開かれた同協会主催の「薬剤師のためのジェネリック医薬品使用促進フォーラム」で、日本のジェネリック医薬品(GE薬)市場に、ファイザーや第一三共など新薬メーカーの参入が相次ぐことについて、「これまでGE薬は中小零細企業が行っており、品質などで信頼がないといわれていた。現在は、そうした時代から大きく環境が変わり、新薬メーカーとGE薬メーカーの壁は非常に低くなっている」とし、GE薬への見方も変わるとの見解を述べた。

 澤井氏は、新薬メーカー十数社がGE事業に参入している現状を示す一方、JGA会員43社にも、グローバルでGE薬を展開するトップ3の企業が加盟していることを紹介。その上で、新薬メーカーの参入について、「製薬会社は、患者ニーズに応えることが務め。厚生労働省の調査でも、国民の約80%がGE薬を求めている。われわれは、患者の求めるものを安く提供するのが原点。多くの製薬企業も、遂にそういう状況になってきた」との考えを示した。

 また、数量ベースでシェア約20%と低迷する現状について、「(これまで薬局側にとって)売上高が下がるし、薬価差益は少なく、さらに在庫が増え、患者への説明を行う時間が十分にないなど、買えば買うほど経済的損失が増える状況で、使用促進にはつながらなかった」と、欧米などと比べ、日本は制度面でも遅れていたと指摘。「今回の診療報酬改定では、後発医薬品調剤体制加算などが強化され、使用促進策の環境も整ったことで、来年度は大いに期待できる」との考えを強調した。

 現在、JGAでは、後発医薬品の安心使用促進アクションプログラムの完全実行をはじめ、信頼性保証プロジェクトチームを作り、信頼性の確保に取り組んでいる。さらに、ネットを通じて、各会員企業の製品情報を提供できる仕組みを作成しているところで、澤井氏は「GE薬の使用促進が、患者の求める方向に少しでも近づくように取り組みたい」と決意を新たにした。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録