微量粉末をカプセルに充填可能「エクセロドーズ」 カプスゲル・ジャパン

2006年1月30日 (月)

 カプスゲル・ジャパンは23日、新薬開発の初期段階で投与されるカプセル製剤製造機械で、100μgレベルからの微量な粉末を充填できる「エクセロドーズ」を発売した。

 賦形剤などの充填剤を必要とせずに薬物のみをハードカプセルなどに充填でき、薬物と賦形剤との適合性試験などが不要になることから開発期間の短縮にも寄与できるとしている。海外では既に発売されているが、この機能は世界でも唯一だという。新薬研究開発型の製薬企業に対し営業展開していく。

上からエクセロドーズ120、同600、同600+HTU
上からエクセロドーズ120、同600、同600+HTU

 今回発売されたのは、充填するハードカプセルを手動でセットする「エクセロドーズ120」(設置面積565mm×385mm)と、自動装填する「エクセロドーズ600」(670mm×385mm)。1時間当たりの処理能力は、120は120カプセル、600は2000300カプセル。600には「HTU」という粉末を自動的に供給する装置も別売りで装着可能。価格は営業戦略上公表していない。

 充填剤を必要とせずに薬物のみをハードカプセルなどに充填するほか、1カプセル当たり100μgから数百mgまでをリアルタイムで計測しながら充填する精度の高さが特徴。

 この機械は、2004年にファイザーに買収された英国のメリディカ社が開発。海外では02年から発売し大手製薬企業にも納入実績があるという。日本でも3年後に3億円程度の売り上げを目指し、新薬研究開発型企業に対し営業を行う。同社は、「今回の発売を機にハードカプセルに関連する製剤機械販売事業を拡大していく」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録