HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ジェネリック薬の情報提供】健保連加入者の4割が充実求める

2010年7月9日 (金)

 健康保険組合連合会がまとめた調査報告書で、医療機関を受診する際に、ジェネリック薬(GE薬)を希望するよう心がけている現役世代は、約1割にどどまるものの、GE薬の内容や処方してもらう方法に関する情報の充実を、約4割が保険者に期待していることが分かった。また、健保組合の約半数が、既にGE薬に関連する事業を重点に位置づけており、さらに、今後の保険者機能強化策として、健保組合がGE薬使用促進を有力視していることも浮き彫りになった。

 健保連は、昨年6月下旬にインターネットアンケートを実施。協会けんぽ、共済組合、市町村国民健康保険の加入者を含めた、20~50代約3000人から、保険者サービスの活用状況や要望を調べた。

 それによると、GE薬の内容や処方してもらう方法に関して、保険者から情報を受けたと回答したのは、健保組合加入者が44・1%、協会けんぽ加入者が26・1%、共済加入者が36・6%、国保加入者が29・4%で、それぞれ3割以上が目を通していなかった。

 情報の中身まで目を通している者では、6割以上が「役立つ」と受け止めており、「役立たない」と判断した者の7割が「他のメディア媒体を通じて既に知っている内容」、3割が「自分の健康状態と関係ない内容・話題」を理由に挙げた。

 また、今後の情報提供に対する期待では、保険制度や給付の仕組み、医療機関の選び方・かかり方などと並んで、GE薬の内容・処方に関する情報を望む比率が高かった。健保組合加入者の39・3%、協会けんぽ加入者の40・3%、共済加入者の34・7%、国保加入者の38・0%が充実を求めていた。

 一方、普段の心がけを尋ねたところ、健診や保健指導を受けて病気の予防に努めたり、医療費のチェック、かかりつけ医を持つことを挙げる者や、特に何も心がけていないとする回答が比較的多かった。

 「GE薬を希望するようにしている」と回答した加入者は、健保組合と協会けんぽで9・7%、共済で10・2%、国保で9・6%にとどまった。なお、お薬手帳などに処方薬を記録し、医療機関を受診する際に持参している者は、健保組合22・9%、協会けんぽ20・1%、共済16・1%、国保18・2%だった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録