HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【特殊免疫研究所】HEV診断薬が国内初承認

2010年8月25日 (水)

 特殊免疫研究所は、E型肝炎ウイルス(HEV)感染診断薬「イムニス IgA anti-HEV EIA」の国内承認を取得した。HEV診断薬の国内承認は初めて。11月にも販売を開始する予定。

E型肝炎は、HEVによって感染し、稀に劇症化することがあり、特に妊婦では重症化しやすいとされている。東南アジアやアフリカなど、発展途上国で流行が見られ、日本では以前、大半が輸入感染症と捉えられていたが、渡航歴のないE型急性肝炎患者も発見され、既に土着しているものと考えられている。

 実際、厚生労働省E型肝炎研究班の報告によると、豚のレバーなどを生食したことによる動物由来感染が31%と一番多い。次いで輸入感染が7・9%で、輸血感染もあると推察されている。

 ただ、E型肝炎は自然消失・自然治癒し、重症化することも稀であるため、表面化しているのは氷山の一角とも見られている。4類感染症で届け出義務があるが、承認された診断薬がなかったことから、届け出も一部にとどまっている可能性があり、日本での十分な疫学データもないのが現状。

 診断薬が登場することで、今後、早期の診断をはじめ、適切な治療につながるものと期待されている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録