HOME > 無季言 ∨ 

安心して暮らせる社会

2007年1月29日 (月)

◆「安心して暮らせる社会が必要だと思う。希望が持てる社会づくりをやっていきたい」。薬害エイズ事件被害者の川田龍平さん(31歳)が参院選への出馬を表明した。その際こう訴えた。当たり前の主張と言えばそうだが、あえて声高に言わなければならない世情は考えたい
◆安心や信頼を裏切られた被害者としての心情はある。川田さんは、それだけではなく「お金、企業利益を優先する社会では、再び薬害、事件、事故が起きてしまう」と不安を口にし、尼崎脱線事故、マンション耐震偽装事件、増加する自殺者に心を痛める。最近では不二家事件が起きた
◆大学で講師を務めているが、学生が生活のためにアルバイトに追われ「学校に行きたくてもいけない、勉強をしたくてもできない」状況があると、背景の経済の疲弊ぶりを嘆く
◆この「惨状」から救うには「人権、いのち、平和という国の基本的なところを守っていくことが必要」と言う。全てに同意できるわけではないが、人や命がないがしろにされているとの危機感には同意できる。どんな国をつくるにせよ、人を大切に、命を大切にと、わざわざ言わなければならない国は悲しい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録