HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エイズ】依然として増加傾向続く‐第3四半期の動向まとめる

2010年12月3日 (金)

 厚生労働省がまとめた、6月28日~9月26日までの、2010年度第3四半期のエイズ発生状況で、HIVの母子感染が、4年ぶりに報告があった前期に続き、新たに1件発生していたことが明らかになった。厚労省は「診断・治療開始が遅れたための感染例だと考えられる」と分析している。また、自治体が実施するHIV抗体検査や、保健所等での相談件数は前期を上回り、08年第4四半期をピークとした減少傾向に、一定の歯止めがかかったことも分かった。厚労省がエイズ動向委員会に報告した。

 今期の新規報告は、HIV感染者が男性240人、女性17人の計257人、エイズ患者が男性103人、女性8人の計111人で、いずれも前期に比べると少ないが、前年同期を上回り、依然として増加傾向にある。累計では、HIV感染者が1万2320人、エイズ患者が5664人となった。

 新規報告者の感染経路は、HIV感染、エイズ患者ともに同性間性的接触が最も多く、静注感染はなかった。

 母子感染については、出産前に抗HIV薬を投与して、血中ウイルス量を下げたり、妊娠37週前後に帝王切開をするといった処置で、母子感染確率を抑えられる。そのためエイズ動向委員会は、「適切な感染防御対策を講じることで、感染率を1%以下にまで制御することが可能であることを、引き続き広く周知する必要がある」と指摘している。

 一方、自治体によるHIV抗体検査件数は、前期より2223件多い3万4184件で、相談件数も3807件増えて4万3735件となった。厚労省は、特に8月の検査・相談件数が増加していることに着目し、前期にエイズ患者報告が四半期ベースで過去最大になったと報道されたことを、今期の増加要因に挙げている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録