HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】CRC養成の裾野拡大‐初級者研修で近く基準

2011年4月12日 (火)

 厚生労働省は、治験・臨床研究の推進策として、従来は厚労省・文部科学省・日本病院薬剤師会・日本看護協会・日本臨床衛生検査技師会の5団体を通じて行っていた、臨床研究コーディネーター(CRC)の初級者研修について、教育プログラムの基準を定め、治験中核病院などが独自に人材を育成できるようにする。効果的にCRC養成の裾野を広げることが目的で、近く基準を通知する。

 厚労省と文科省の「新たな治験活性化5カ年計画」では、2011年度までに、研究内容の統一化を図り、新規CRC3000人の養成を目指すこととなっている。

 CRCは07年の約5000人から年間500人程度増え、すでに6000人を超えたと見られるが、今のペースでは目標に届かないのが現状だ。

 これまで厚労省は、医薬品医療機器総合機構の主催で、日本薬剤師研修センターが座学講習を担う形で人材育成を進めてきたが、事業仕分けで予算の適正化が求められたこともあって、今年度の総合機構予算に研修会経費を計上していない。また、人数の拡大だけでなく、上級者の養成も治験・臨床研究の活性化にとって重要な要素となっているため、初級者研修を開放することになった。

 具体的な教育内容は、昨年11月に東京、今年1月に大阪で開催した上級者研修で、参加したCRC自らが協議した。通知では、最低限必要となるカリキュラムの項目を示す。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録