HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【新型インフルワクチン】返品負担額は35億円

2011年5月25日 (水)

 昨年度の国産新型インフルエンザワクチンが、大量に医療機関で余っている問題で、細川律夫厚生労働相は23日の参院決算委員会で、メーカーや医薬品卸業者などが行った医療機関からの返品買い取りによって、負担額が35億円に上ったことを明らかにした。藤井基之議員(自民党)の質問に答えた。

 厚労省は例年、医療機関からのワクチンの返品を原則認めていない。しかし、昨年度は新型インフル対策として、国が5400万回分(約260億円)を買い上げ、各医療機関に供給したため、返品を認めた。

 細川厚労相は、「今回の件では、業界の方にご迷惑をおかけしたと思っているし、ご協力をいただいたことは、感謝している。今回の件を反省し、これからそういうことのないようにしたい」と述べた。

 また、有効期限が切れたため、破棄した国産と輸入を合わせた新型ワクチンの金額が、455億円に上ることも明かした。

 細川厚労相は、新型インフル流行時には、ワクチンの需給が世界規模で逼迫していたため、「危機管理の観点から、やむを得なかったと考えている」とした上で、「今後はこの経験を生かし、余剰を最小限に抑えられようにしたい」との考えを示した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録