HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【新薬創出等加算金額】トップはGSKの56億円‐品目数の割に国内勢も上位に

2011年7月28日 (木)

 厚生労働省は27日の中医協薬価専門部会に、製薬各社が前回薬価改定で受けた新薬創出等加算の金額を提出した。トップはグラクソ・スミスクラインの年間56・1億円で、アステラス製薬、中外製薬と続き、品目数2位のファイザーが4位、品目数8位のサノフィ・アベンティスが5位につけた。品目数に比べると国内勢が多く上位に入った(表参照[PDF]

 この日の部会は、新薬創出等加算検証の第1回目。初めて各社の加算額が公表された。また、厚労省の吉田易範薬剤管理官は、新加算の条件となっている厚労省が要請した未承認薬・適応外薬の開発について、特段の理由なく遅れている企業がないことを報告した。

 このほか製薬業界代表の専門委員が、要請品目に必要な開発費と市販後調査(PMS)費を説明した。それによると、1品目当たりの平均経費は、未承認薬が開発29・1億円、PMS費5・4億円、公知申請を除く適応外薬が開発16・7億円、PMS費6・0億円、公知申請品目が開発0・9億円、PMS費0・8億円。全要請品目に業界全体として投入する経費は、開発費が3049億円、PMS費が830億円と推計した。なお、新薬創出等加算の総額は年間702・1億円とされている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録