HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【漢方製剤リスク区分】全て現行通り第2類で変更せず‐厚労省WGが結論

2011年9月1日 (木)

 厚生労働省の「一般用医薬品のリスク区分の検証に関するワーキンググループ」は8月31日、現在告示されている一般用漢方製剤233処方のリスク区分について、全て現行通り第2類に据え置くべきとの結論を出した。

 漢方製剤は、一般用医薬品にリスク区分の仕組みが導入される際、服用時点で症状、体質に応じて処方を選択する必要性や、不適切な薬剤との併用で健康被害が生じる恐れがあるため、原則として第2類に分類された。

 今回、ワーキンググループで全面見直しを検討したが、区分制度導入時の考え方と同様に、患者に応じて処方する漢方の特殊性を踏まえて、第3類生薬のみで構成する製剤も含めて、第3類に引下げるべきでないと判断した。

 今秋中に開かれる予定の薬事・食品衛生審議会安全対策調査会に報告する。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録