HOME > 人事・組織 ∨ 

新薬事業を分社化‐本体は新興国市場にシフト 米アボット

2011年10月24日 (月)

 米アボットは19日(現地時間)、医薬品事業を分割し、新薬を扱う研究開発型の新会社を設立すると発表した。新会社は、アボットが販売する医療用医薬品と開発パイプラインを手がけ、それ以外のブランドジェネリック、診断薬、医療機器、栄養事業はアボット本体に存続させる。

 分社化により、新会社は研究開発型の製薬企業として、新薬の開発や販売を行う。社名など詳細は未定。アボットの医療用医薬品事業は、主力品に関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」、抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体「シナジス」があり、開発パイプラインは、C型肝炎や多発性硬化症、癌、免疫等を重点領域と位置づける。新薬事業の年間売上高は約180億ドル。新会社のCEOには、リチャード・ゴンザレス執行副社長が就任する予定。新薬の収益は主に先進国市場から稼ぐ。

 一方、新薬以外のブランドジェネリック、診断薬、医療機器、栄養剤の各事業は、アボット本体に存続させ、成長著しい新興国市場をターゲットにする。年間売上高は220億ドルで、今後は新興国市場からの売上比を約4割にまで引き上げる計画。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

人事・組織 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録