HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【スイス・ロシュ】ドイツの検査会社を買収‐血小板機能検査を強化

2011年12月6日 (火)

 スイスのロシュは、ドイツで血小板機能検査システムの開発・販売を手がける「ベラム・ディアグノスティカ」を買収すると発表した。買収額は総額1300万ユーロ(約13億6000万円)で、来年1月中に手続きを完了する予定。ロシュは、血小板機能検査で実績のあるベラムを完全子会社化し、血液凝固診断分野の製品ラインナップの強化を図る。

 今回の買収により、ロシュはベラムの株主に対して1100万ユーロ、マイルストン達成時には追加で200万ユーロを支払う。

 ベラムは、血液凝固診断の第一段階で用いる血小板機能検査のリーディングカンパニー。全血から血小板機能を検査する「マルチプレートシステム」を提供し、2011年の売上高は約390万ユーロとなる見込み。

 ロシュは、止血に関連する血液凝固能検査では実績がある一方、血液の凝集能をみる血小板機能検査に関しては、販売製品を持っていなかった。ベラムを買収することで、血小板機能検査の製品群を獲得し、血液凝固診断分野でシェア拡大を目指す。

 今後、ベラム社は、生化学・免疫検査・血液凝固検査分野を扱うプロフェッショナル・ダイアグノスティックス事業部に統合される予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録