HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【12年度日本国際賞】イマチニブ開発の3氏が受賞

2012年1月25日 (水)

左からラウリー氏、ドラッカー氏、ライドン氏

 今年で28回目となる2012年日本国際賞の受賞者が25日、発表された。授賞対象2分野のうち「健康、医療技術」分野では、癌特異的分子を標的とした新しい治療薬・イマニチブの開発に携わった米国のジャネット・ラウリー(シカゴ大学特別教授、86歳)、ブライアン・ドラッカー(オレゴン健康科学大学教授、56歳)、ニコラス・ライドン(ブリープリントメディスン創立者・取締役、54歳の3氏が選ばれた。このうち臨床医でもあるドラッカー博士が来日、「イマチニブにより、不治の病とされた癌が治療可能な病気になった。イマチニブの開発を弾みに、癌治療のゴールまで一気に到達しなければならない」と述べ、新たな癌治療開拓への意欲を示した。

 なお、もう一つの対象分野となった「環境、エネルギー、社会基盤」では、世界最高性能の永久磁石の開発を行った佐川眞人氏(インターメタリックス社長)が選ばれた。授賞式は4月25日、東京・千代田区の国立劇場で行われる予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録